新潟市で自然素材を使った注文住宅まとめ!業者を選びやすいように工務店・ハウスメーカーを徹底比較してまとめました!

快適さが違う?注文住宅で気密性・断熱性に優れた家を建てる利点!

公開日:2021/09/15  


気密性という言葉は聞き慣れない人も多いのではないでしょうか。気密性のある家というのは、家の中の空気が外部の空気と交わりにくい家のことをいいます。気密性・断熱性に優れた家は、家の中の空気が外部の空気に影響されにくくなるため、屋内の温度が急激に変化をしないという利点を持つので、一年中快適に過ごせるのです。

高気密・高断熱な家とは?

上で述べた、気密性と断熱性が高い家のことを、高気密・高断熱の家といいます。注文住宅を建てる際に高気密・高断熱の家と注文することでこういった家を建てることができます。高気密な家は、隙間ができやすい窓枠や床、天井などに隙間ができないように作られています。可能な限り、最大限まで隙間をなくした家が高気密な家です。高断熱な家は、壁のあいだ、または壁の外に断熱材を使って断熱性能を高めた家です。そんな高気密・高断熱の特長が合わさると様々な利点が生まれるのです。

高気密・高断熱な家を建てる利点

隙間をなくして外部との空気の交流をなくし、さらに断熱性能を高めることで外部から温度変化の影響を受けにくくした、高気密・高断熱な家は、冷暖房のランニングコストを抑えられる、結露を防ぐことができる、防音効果が高い、など様々な利点があります。

まず冷暖房のランニングコストについてですが、冷暖房費を抑えられるというのは大きな利点です。夏場と冬場に冷暖房費が多めにかかるというのは常識ですが、その冷暖房費の費用を抑えてくれます。外部の空気の影響を受けなくなるということで、屋内の温度は一定になりやすくなります。温度変化がほぼ起こらないということですね。温度の変化が小さいので、冷房や暖房を強めにかけ続けるということがなくなります。そのため冷暖房費が抑えられるというわけです。

また、屋内の温度が一定なので、冬場のお風呂場がものすごく寒い!ということがなくなります。雪国新潟県の住宅でよくある、冬場のあのいや〜な気分を味わわなくて済むようにもなるのです。

次に、家の結露についてです。冬場は窓に結露ができやすいですが、その結露も防ぐことができます。結露は、温度差が大きいところで発生するのですが、高断熱の家では外部の空気からによる温度変化を防ぐため、屋内の空気に温度差が発生するということがありません。今までの一般の住宅ならば、窓の近くだけ特別寒い!といったこともあるでしょうが、高気密・高断熱の家ではそういうことがないので、結露も発生しにくいのです。

今度は防音効果についてですが、高気密なおかげで空気が入って来られないように音も入って来られないようになっています。熱い空気や寒い空気を遮るように、騒音などの不快な音も遮ってくれます。ただ、高気密というと空気の循環がないと思われる人もいるかもしれませんがそんなことはありません。高気密は密閉ではありません。それに、換気システムの設置が義務づけられているため、空気がきちんと循環するようにできているのです。

高気密・高断熱な家を建てる上で知っておくべき注意点

換気システムが設置されていると上で述べましたが、その換気システムも正常に動いてこそ意味があります。そのため換気システムはしっかりしたものを選びましょう。おすすめの換気システムは、給気と排気を換気扇で行う第一種換気システムです。換気扇による換気なので自然換気より信頼がずっと持てます。他の注意点は、通常の住宅よりも建設時に費用がかかってしまうということです。高断熱を実現するためには、より良い断熱材が必要です。

他にも、高気密を実現するために必要な気密テープにも費用がかかりますし、窓ガラスも価格の高い物を使うため、そこでも費用がかかります。ですが、これらは高気密・高断熱を実現する上での必要経費です。様々な利点を得られるならば決して高すぎる買い物ではないでしょう。もう一つ注意点があります。それは、家の中が乾燥しやすいということです。

なぜ乾燥しやすくなるのかというと、外部から湿気を取り込まないからです。これは高気密であるがゆえに起こることですね。しかしこれは、洗濯物を部屋干しできる、という利点に変わることもあります。家の中の空気が乾燥しているため、洗濯物が乾きやすいのですね。ただし過度の乾燥はやはり危険です。対処法として加湿器を使うことが必要になることもあるでしょう。最後の注意点です。それは石油ストーブを使用することができないことです。石油ストーブは、使用すると一酸化炭素を発生させることがあるため、高気密の住宅で使うことは厳禁です。

 

快適ですが、建設時の費用がかかってしまうのがネック、というのが高気密・高断熱住宅の大まかな特徴といったところです。大きな利点も得られますが、注意しなければいけないこともあります。ただし得られる利点は非常に大きいです。注意点さえ守っていれば一年中快適に暮らせますよ。さて、高気密・高断熱住宅についての説明は以上となります。注文住宅を建てる際には、是非、高気密・高断熱の住宅を検討してみて下さい。

おすすめの自然素材を使った注文住宅業者

商品画像
商品名千癒の家
株式会社わいけい住宅
夢ハウスナレッジライフ無添加住宅 イワコンハウス野本建設 ノモトホームズ
特徴どんな敏感な人も心からくつろげる安全性を提供!健康×省エネ×耐震×耐久をそろえたモノつくりを提供!5つのコンセプトを持った【人と街と地球にやさしい家】自然科学の知識を活かしてカタチにした無添加住宅自然素材に加えいつまでも飽きることのないデザインと暮らしやすさを追求!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索